レースレポート 京商カップ

KYOSYO TROPYH 関西B 1日目

京商トロフィー関西Bに参加してきました。

今回はフジモデル店長からDRXを借りて土曜日のDRXチャレンジにも参加です。

初めて走らせるマシンにドキドキワクワクしながら予選開始。

予選1回目

エンジンはあまり回ってない様だけど、本来のエンジンパワーがよくわからないので

何とも言えない。こんなもんなのかな?

マシンのほうはロールが多くてアンダーステア。それでいて限界を超えると

すぐにスピンしてしまう安定感のなさで、抑えた走りに徹します。

予選1回目の結果は7位か8位だったかな?

前には相方そうし、その前には元相方kankiが。

この二人には負けたくないぞ。


予選1回目の走りでは勝てる気がしないのでセッティング変更します。

リバウンドを減らしたいけどダンパーを分解しないといけないのでめんどくさい。

リアのダンパー角度変更だけして2回目に挑む。

予選2回目

セッティング変更の甲斐あって、マシンは好調。ロールは多いけどバランスは良くて

周回遅れをパスするのも楽になり走らせるのがメッチャ楽しい。

予選総合結果は4位にアップ。ライバルkankiは6位、そうしは7位。

ぜんぜん負ける気がしないぜ!!

決勝

勝つ気満々でグリッドに付き、フラッグがあがった瞬間スロットル全開

ボボボボとゆっくり立ち上がるエンジン。燃調が甘かったみたい。

横を数台のマシンが抜けていく。もちろんkankiとそうしも前へでる。

必死で追っていると、インフィールドのゴタゴタでいつの間にやら3位へ

ポジションアップ。先行する2台とのギャップはまだあまり開いていないようで

ペースも変わらない。これなら優勝も狙えそうだなと思っていると突然マシンがストップ

ピットに回収されたマシンはエンジンがかかったままでした。

どうやらスロットルリンケージのボールエンドがネジ部から抜けていたみたい。

ピットですぐにねじ込んでくれたけど、今度はスロットルが全開になってない。

その後はずっと道を譲りながらの走行でした。

最終結果は8位くらいだったと思います。

翌日のメインイベント京商カップを前にテンション急降下。

楽しいレースしたかったな。

-レースレポート, 京商カップ