DRX V-ONE 京商カップ

京商トロフィー2012ファイナル①

今年もファイナルに行くことができました。

出場クラスはピュアテンS(個人戦)とDRXシリアス(チーム戦)です。

 

ピュアテンSからレポート

ファイナルだというのに全くメンテせずに持ち込んだマシンは、デフに何番のオイルが入っているのかもわからない・・・。手で回した感じだとちょっと硬そうだったので、おそらく30万番だろう。コレじゃ硬すぎかなっと思って当日の朝10万番に入れ替えた。

練習走行は路面が埃っぽくてグリップが低く、マシンのこともコースのこともよく分からないまま終わりました。

ただ、コースはシケインが追加されてたりして難しそう。

予選1回目

新品タイヤにミクニのインナーで出走。最初の1分くらいはすごく調子が良くて、ヒートトップを走っていたんだけど、新品タイヤの初期グリップがなくなるとアンダーステアになりペースが落ちて、同じヒートだった梅さんに全然付いていけなくなった。

1回目の総合順位は6位。トップからは5秒落ちで思ったほど悪くなかった。

 

予選2回目

セッティングは変えず、新品タイヤにインナーは5~6年寝かせた新品のボンバーレッド。このインナー粉ふいてるし、弾力も小さい気がする。

路面のグリップもあがり、マシンの調子は良い感じ。タイヤのグリップダウンでもバランスは崩れない。

ただ、ドライバーは気負い過ぎて小さなミスがイッパイ。大きなミスは無かったからタイム更新できて、総合4番手。

 

予選3回目

日曜は猛烈な風で黄砂?の影響でグリップは低そう。タイム更新は望めそうに無いので、予選2回目に使ったタイヤで出走。

マシンはリバウンドを少し減らしてロールが減ったけど、ちょっとバランスが悪くなった気がする。ただ、グリップも悪いから何ともいえない。

3回目でタイム更新した人はおらず、総合4番手が確定。

 

決勝

タイヤのインナーで悩む。用意したのはミクニと予選2回目で使った古いボンバーレッドのみ。ミクニじゃ勝負できそうに無かったので予選2回目で使ったタイヤからインナーを取り出そうと思ったけど、タイヤをさわると部分的にインナーが潰れてるみたいだった。古すぎてもうダメなんだろうな。

インナー持ってる人を探し回って、なんとか新品のボンバーレッドを入手できました。(ゆみこねーさんありがとう)

レースはスタート直後に5番グリッドの梅さんに抜かれ、その後は差が広がったり詰まったりと言う展開だったけど、パイロン踏んで転倒し、差が大きくなった。

追いつけそうに無かったので、ちょっぴり諦めモードになったとき、ホームストレートでコースに入ってきてたマーシャルの足にヒットし飛んでいった。幸いマシンは壊れなかったけど、いくつか順位は落ちて、その後は淡々と走り順位変わらず。

結果は6位くらいだった気がする。

レース内容は良くなかったけど、準備してない割には良い結果だったと思う。

来シーズンもこのクラスには参加したいな。

-DRX, V-ONE, 京商カップ